モリジュンヤ

編集家。noteでは、聴く、読む、見るを通じて考えたことを書いていきます。GXやSX、DXなどの変容の触媒がテーマ。インクワイア代表取締役、IDENTITY共同代表、soar副代表など複数法人の経営など兼務。自分なりの起業家ジャーナリズムに挑戦中。

メンバーシップに参加

「重要なことは、すでに起こった未来を確認することである。すでに起こり元に戻ることのない変化、しかも重大な影響をもつことになる変化でありながら、未だ認識されていないものを知覚し、かつ分析することである」──ピーター・ドラッカー『すでに起こった未来』 自らを社会生態学者と名乗っていたドラッカーは、人間によってつくられた人間の環境に関心をもち、社会生態の観察によって未来を予測するのではなく、すでに起こった未来を見つめようとしていたそうです。 編集という営みの興味深い点は、この社会生態にふれることだと考えます。社会のあちこちで起きていることを観察し、つながりを見出し、つなぎ合わせ、新たな関係性や意味を創出していく。 このメンバーシップでは、筆者が日々の編集活動を通じて、仕事や働き方、社会や未来などについて発見したこと、思索したことを共有していきます。 私の探究を応援していただけたら嬉しいですし、メンバーのみなさんが探究していることについても教えてもらえたら嬉しいです。共に未来を探究をしていく知的共創のための場所にできたらと思います。

ライトプラン

¥500 / 月 初月無料

スタンダードプラン

¥800 / 月 初月無料

モリジュンヤ

編集家。noteでは、聴く、読む、見るを通じて考えたことを書いていきます。GXやSX、DXなどの変容の触媒がテーマ。インクワイア代表取締役、IDENTITY共同代表、soar副代表など複数法人の経営など兼務。自分なりの起業家ジャーナリズムに挑戦中。

メンバーシップに加入する

「重要なことは、すでに起こった未来を確認することである。すでに起こり元に戻ることのない変化、しかも重大な影響をもつことになる変化でありながら、未だ認識されていないものを知覚し、かつ分析することである」──ピーター・ドラッカー『すでに起こった未来』 自らを社会生態学者と名乗っていたドラッカーは、人間によってつくられた人間の環境に関心をもち、社会生態の観察によって未来を予測するのではなく、すでに起こった未来を見つめようとしていたそうです。 編集という営みの興味深い点は、この社会生態にふれることだと考えます。社会のあちこちで起きていることを観察し、つながりを見出し、つなぎ合わせ、新たな関係性や意味を創出していく。 このメンバーシップでは、筆者が日々の編集活動を通じて、仕事や働き方、社会や未来などについて発見したこと、思索したことを共有していきます。 私の探究を応援していただけたら嬉しいですし、メンバーのみなさんが探究していることについても教えてもらえたら嬉しいです。共に未来を探究をしていく知的共創のための場所にできたらと思います。

  • ライトプラン

    ¥500 / 月 初月無料
  • スタンダードプラン

    ¥800 / 月 初月無料

マガジン

  • #編集 #ライター 記事まとめ

    • 1,118本

    編集、ライター、コンテンツ、メディアなどに関する記事をまとめていきます。

  • コンテンツ感想

    読んだ本、観た映画などのメモ。テーマは、経済、社会、経営、哲学、テクノロジー、働き方、文章など色々。

  • soar応援の声

    • 99本

    soarメンバーやsoarを応援してくれているみなさんが、soarに対しての思いを綴ったコラムをまとめています。

  • 現代編集論

    編集の新しい可能性を深化、探索における思索をまとめていきます。

  • 自然、文化、経営

    自然や文化、社会などさまざまなものからヒントを得ながら、それらにも価値を還元する経営に取り組むための思考や実践の記録。

ウィジェット

  • 商品画像

    新世代エディターズファイル 越境する編集ーデジタルからコミュニティ、行政まで

    影山裕樹
  • 商品画像

    SPECULATIONS 人間中心主義のデザインをこえて

  • 商品画像

    ソーシャルデザイン (アイデアインク)

  • 商品画像

    フリーランス&“複"業で働く! 完全ガイド (日経ムック)

    一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会

#編集 #ライター 記事まとめ

編集、ライター、コンテンツ、メディアなどに関する記事をまとめていきます。

すべて見る
  • 1,118本

noteの記事を書くまえの事前準備②¦なにを解決するのかを決める

ど~も、こんにちは。あらぱぱです。 今回の記事では、noteの記事を書くまえの事前準備その②「なにを解決するのかを決める」という内容で説明していきます。 事前準備①は、以下の記事をご確認ください。 記事を書くまえの事前準備がとても大事!ナニゴトもそうですが、事前準備はとても大切です。 仕事もプライベートでも、事前準備なくしてできることってあまりないかと思います。 なにかしらのプロジェクトを進めるためには ・プロジェクトの目的を決め ・必要なメンバーを招集し ・課題と

スキ
42

意外と使いこなせてない「Googleカレンダー」¦生活効率が劇的にあがる本当に便利な使いかた

ど~も、こんにちは。あらぱぱです。 スマホひとつでなんでもできる時代になり、スケジュールやタスクもスマホで管理しているという人も増えてきました。 あなたは、どのアプリで1日や週のスケジュールを管理していますか? Microsoft Teams カレンダー Googleカレンダー Yahoo!カレンダー ジョルテカレンダー などなど いろんなアプリがありますよね。 アプリが多すぎてどれ使えばええねん‥‥‥というのが正直な意見なのですが、ぶっちゃけ「どれも一緒」で

スキ
33

副業Webライター確定申告への道⑤~インボイス登録&簡易課税届を出してみた!

こんにちは、OgAzです。確定申告の勉強に続いての「やってみた」シリーズ第二弾、今回はインボイス登録と簡易課税届を提出したことについて書いていこうと思います。 前回はこちらインボイス事業者登録してみた!今年10月から満を持して始まるインボイス制度。昨年末あたりに政府が優遇措置の話が出て、反対の声はいまだ根強い現状を透かし見ることができます。「そんなに損はさせないから!頼むからインボイスに登録して!ね!」という政府からの最後のお願いってやつでしょうか。 インボイス制度ってな

スキ
49

夢や目標が達成できる「やりたいことリスト」の考えかたと書きかた

ど~も、こんにちは。あらぱぱです。 気がつけばもう2月。 2023年の始まりに立てた目標や行動計画の進捗はいかがでしょうか? 「え!? 目標や行動計画を立てていないだって!?」 そんな人もいらっしゃるでしょう(わたしも数年前まで書いておらず、ただなんとなく過ごしていましたので(笑))。 とはいっても ✓ 新しいことに挑戦していきたい ✓ 気持ちとは裏腹に身体がいうことを聞いてくれない ✓ 自分自身、なにをやりたいのかすらわかっていない 「やりたい」と思ってはいるものの

スキ
29

コンテンツ感想

読んだ本、観た映画などのメモ。テーマは、経済、社会、経営、哲学、テクノロジー、働き方、文章など色々。

すべて見る
  • 22本

「ソーシャル・イントラプレナー」、社会課題の解決を社内起業家の存在

社内で新規事業を生み出すイントラプレナー(社内起業家)の存在は様々な企業で求められるようになっています。 ソーシャルスタートアップや、インパクト投資、SDGsなど事業成長だけでなく、社会課題の解決も求められるようになっているなか、イントラプレナーのあり方も変わろうとしているようです。 書籍『ソーシャル・イントラプレナー』で紹介されているのは、その名の通り社会課題の解決と事業成長の両立を目指す社内起業家に必要な考え方や実践例でした。 ソーシャル・イントラプレナーの登場同書

スキ
6

起業を促すプラットフォームとしてのグループ会社経営

社会問題を解決するビジネス(ソーシャルビジネス)しかやらない会社として知られるボーダレスグループの創業者である田口さんの著書を読みました。 グループとしてどのように連続的にソーシャルビジネスを立ち上げ、全体で利益を循環させているかというスキームが非常に興味深かったです。 スタートアップスタジオで事業立ち上げを支援する仕組みは有名ですが、ボーダレスグループでは黒字化したあとの経営フェーズにおける業務を支援するバックアップスタジオもセットにしているというのは参考になりました。

スキ
6

人は”人”にお金を払う

『ばらかもん』という漫画が好きで、新刊が発売されるのを楽しみに待っている。”ばらかもん”とは、五島列島方言で「元気者」という意味だそうだ。 『ばらかもん』は、有名書道家の息子である主人公が、自分なりの書道を見つけるべく、東京から遠く離れた島で生活するところから始まる。 自然からインスピレーションを受けて作品を書く様や、島の人たちと交流することで人間的に成長する姿が描かれている作品だ。 魅力的なキャラクターが数多く登場するので、楽しく読んでいくことができるのだけれど、見逃

スキ
1

「1440分」を生産的に過ごせるか

この記事はメンバーシップに加入すると読めます

スキ
15

soar応援の声

soarメンバーやsoarを応援してくれているみなさんが、soarに対しての思いを綴ったコラムをまとめています。

すべて見る
  • 99本

「soarの活動を目にする中で耕された価値観や視点がたくさんあった」小山和之さん/ #soar応援 コメント

①名前 小山和之 ②所属 編集者・株式会社インクワイア ③soarを知ったきっかけや、soarに感じている意義や魅力 soarの掲げる「生きる智慧」という言葉が好きです。個人的な解釈ですが、情報のように「すぐ持ち帰れるもの」のではなく、「耕し育んでいくもの」を届けるという意思なのではと思っています。振り返ってみると、私自身soarの活動を目にする中で耕された価値観や視点がたくさんありました。そんな変化がより広がり深まっていくことを願っています。 寄付のお願い soar

「soarを支えるのは圧倒的な『人の可能性』への信念」太田圭哉さん/ #soar応援 コメント

①名前 太田圭哉 ②所属 株式会社Ridilover / 株式会社UNERI ③soarを知ったきっかけや、soarに感じている意義や魅力 社会を伝えるメディアのあり方について模索している時、検索して行き着いたのがsoarの記事でした。soarを支えるのは圧倒的な「人の可能性」への信念であり、記事を媒介に生まれるポジティブな眼差しの循環こそが「soar」なのだと捉えています。これからもたくさんの希望を届けてください! 寄付のお願い soarの運営は、サポーター会員のみ

「自分自身が体調を崩した時、唯一読める活字のメディアがsoarでした」mom0tomoさん/ #soar応援

①名前 mom0tomo ②所属 株式会社リブセンス ③soarを知ったきっかけや、soarに感じている意義や魅力 社内の勉強会を開催する際にsoarのみなさんにご協力いただいたことをきっかけにメディアを知りました。自分自身体調を崩した時期があったのですが、そんなときに唯一読める活字のメディアがsoarでした。取材を重ねたであろう丁寧な記事を読み、いつも学び励まされています。これからも応援しています! 寄付のお願い soarの運営は、サポーター会員のみなさんのご寄付で

「soarは私の知らない世界を見せてくれる場です」笹野裕子さん/ #soar応援 コメント

①名前 笹野裕子 ②所属 soarお手伝いスタッフ ③soarを知ったきっかけや、soarに感じている意義や魅力 スタッフとして働いている友人がいたので、記事を読んだり、寄付をしたりしていました。 オンラインのイベントに参加したり、2022年からは、少しお手伝いをするようになり、関わりが増えました。 soarは私の知らない世界を見せてくれる場です。 世の中には様々な事情の人が、それぞれの想いと折り合いをつけながら暮らしているんだなぁ、と思いながら、いつも記事を読んで

スキ
1

現代編集論

編集の新しい可能性を深化、探索における思索をまとめていきます。

すべて見る
  • 72本

「ソーシャル・イントラプレナー」、社会課題の解決を社内起業家の存在

社内で新規事業を生み出すイントラプレナー(社内起業家)の存在は様々な企業で求められるようになっています。 ソーシャルスタートアップや、インパクト投資、SDGsなど事業成長だけでなく、社会課題の解決も求められるようになっているなか、イントラプレナーのあり方も変わろうとしているようです。 書籍『ソーシャル・イントラプレナー』で紹介されているのは、その名の通り社会課題の解決と事業成長の両立を目指す社内起業家に必要な考え方や実践例でした。 ソーシャル・イントラプレナーの登場同書

スキ
6

コンテンツづくりの変数を捉えて成長のための課題を設定する

製造業においては、「QCD」と呼ばれる大事な要素が存在します。QCDとは、Quality(品質)、Cost(コスト)、Delivery(納期)の頭文字を並べたもの。 4年以上前ですが、ferretにこんな記事を書きました。メディア運営やコンテンツ開発も、製造に関するナレッジから学べることが多々あります。 コンテンツ開発の変数QCDというわけではありませんが、コンテンツ開発のスキルを分解する際に以下のように分けられます。 質=Quality 速さ=Speed 量=Qu

スキ
1

複雑なものを複雑なまま受け止める

この記事はメンバーシップに加入すると読めます

スキ
1

書くことへのハードルを上げすぎないこと

この記事はメンバーシップに加入すると読めます

スキ
225

自然、文化、経営

自然や文化、社会などさまざまなものからヒントを得ながら、それらにも価値を還元する経営に取り組むための思考や実践の記録。

すべて見る
  • 39本

「ソーシャル・イントラプレナー」、社会課題の解決を社内起業家の存在

社内で新規事業を生み出すイントラプレナー(社内起業家)の存在は様々な企業で求められるようになっています。 ソーシャルスタートアップや、インパクト投資、SDGsなど事業成長だけでなく、社会課題の解決も求められるようになっているなか、イントラプレナーのあり方も変わろうとしているようです。 書籍『ソーシャル・イントラプレナー』で紹介されているのは、その名の通り社会課題の解決と事業成長の両立を目指す社内起業家に必要な考え方や実践例でした。 ソーシャル・イントラプレナーの登場同書

スキ
6

起業を促すプラットフォームとしてのグループ会社経営

社会問題を解決するビジネス(ソーシャルビジネス)しかやらない会社として知られるボーダレスグループの創業者である田口さんの著書を読みました。 グループとしてどのように連続的にソーシャルビジネスを立ち上げ、全体で利益を循環させているかというスキームが非常に興味深かったです。 スタートアップスタジオで事業立ち上げを支援する仕組みは有名ですが、ボーダレスグループでは黒字化したあとの経営フェーズにおける業務を支援するバックアップスタジオもセットにしているというのは参考になりました。

スキ
6

「組織市民行動」のダークサイドを認識する

組織の有効性に貢献する役割外の自発的な行動を指す「組織市民行動」。 報酬などの見返りを求めることなく自発的に他者を支援する行動であり、組織を裏から支える重要な行為でもあります。 日本の会社でも成果主義やジョブ型雇用が増加していますが、その弊害として「誰にも割り当てられていない仕事」は放置される傾向も増加します。組織市民行動はそうした側面においても注目の概念。 組織市民行動に関してはポジティブな側面に言及されることも多いのですが、ビジネスリサーチラボさんで「ダークサイド(※

スキ
1

フィードバックのガイドラインを共有する

仕事において率直なフィードバックを相互に行うことはとても大事。率直なフィードバックは、個人と組織が成長するために重要です。 頻繁に率直なフィードバックをし合うことで、チームや組織全体のスピード感があがり、成果がでる。新しいことに挑戦し、学習し続けるために、フィードバックは欠かせません。 『NO RULES』の中で、Netflixではフィードバックのガイドラインを「4A」と名付けていると紹介されていました。 互いにガイドラインを認識しながら、フィードバックをする側と受ける

スキ
3