モリジュンヤ

編集家。noteでは、聴く、読む、見るを通じて考えたことを書いていきます。GXやSX、DXなどの変容の触媒がテーマ。インクワイア代表取締役、IDENTITY共同代表、soar副代表など複数法人の経営など兼務。自分なりの起業家ジャーナリズムに挑戦中。

メンバーシップに参加

「重要なことは、すでに起こった未来を確認することである。すでに起こり元に戻ることのない変化、しかも重大な影響をもつことになる変化でありながら、未だ認識されていないものを知覚し、かつ分析することである」──ピーター・ドラッカー『すでに起こった未来』 自らを社会生態学者と名乗っていたドラッカーは、人間によってつくられた人間の環境に関心をもち、社会生態の観察によって未来を予測するのではなく、すでに起こった未来を見つめようとしていたそうです。 編集という営みの興味深い点は、この社会生態にふれることだと考えます。社会のあちこちで起きていることを観察し、つながりを見出し、つなぎ合わせ、新たな関係性や意味を創出していく。 このメンバーシップでは、筆者が日々の編集活動を通じて、仕事や働き方、社会や未来などについて発見したこと、思索したことを共有していきます。 私の探究を応援していただけたら嬉しいですし、メンバーのみなさんが探究していることについても教えてもらえたら嬉しいです。共に未来を探究をしていく知的共創のための場所にできたらと思います。

ライトプラン

¥500 / 月 初月無料

スタンダードプラン

¥800 / 月 初月無料

モリジュンヤ

編集家。noteでは、聴く、読む、見るを通じて考えたことを書いていきます。GXやSX、DXなどの変容の触媒がテーマ。インクワイア代表取締役、IDENTITY共同代表、soar副代表など複数法人の経営など兼務。自分なりの起業家ジャーナリズムに挑戦中。

メンバーシップに加入する

「重要なことは、すでに起こった未来を確認することである。すでに起こり元に戻ることのない変化、しかも重大な影響をもつことになる変化でありながら、未だ認識されていないものを知覚し、かつ分析することである」──ピーター・ドラッカー『すでに起こった未来』 自らを社会生態学者と名乗っていたドラッカーは、人間によってつくられた人間の環境に関心をもち、社会生態の観察によって未来を予測するのではなく、すでに起こった未来を見つめようとしていたそうです。 編集という営みの興味深い点は、この社会生態にふれることだと考えます。社会のあちこちで起きていることを観察し、つながりを見出し、つなぎ合わせ、新たな関係性や意味を創出していく。 このメンバーシップでは、筆者が日々の編集活動を通じて、仕事や働き方、社会や未来などについて発見したこと、思索したことを共有していきます。 私の探究を応援していただけたら嬉しいですし、メンバーのみなさんが探究していることについても教えてもらえたら嬉しいです。共に未来を探究をしていく知的共創のための場所にできたらと思います。

  • ライトプラン

    ¥500 / 月 初月無料
  • スタンダードプラン

    ¥800 / 月 初月無料

マガジン

  • #編集 #ライター 記事まとめ

    • 1,118本

    編集、ライター、コンテンツ、メディアなどに関する記事をまとめていきます。

  • コンテンツ感想

    読んだ本、観た映画などのメモ。テーマは、経済、社会、経営、哲学、テクノロジー、働き方、文章など色々。

  • soar応援の声

    • 99本

    soarメンバーやsoarを応援してくれているみなさんが、soarに対しての思いを綴ったコラムをまとめています。

  • 現代編集論

    編集の新しい可能性を深化、探索における思索をまとめていきます。

  • 自然、文化、経営

    自然や文化、社会などさまざまなものからヒントを得ながら、それらにも価値を還元する経営に取り組むための思考や実践の記録。

ウィジェット

  • 商品画像

    新世代エディターズファイル 越境する編集ーデジタルからコミュニティ、行政まで

    影山裕樹
  • 商品画像

    SPECULATIONS 人間中心主義のデザインをこえて

  • 商品画像

    ソーシャルデザイン (アイデアインク)

  • 商品画像

    フリーランス&“複"業で働く! 完全ガイド (日経ムック)

    一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会

記事一覧

「ソーシャル・イントラプレナー」、社会課題の解決を社内起業家の存在

社内で新規事業を生み出すイントラプレナー(社内起業家)の存在は様々な企業で求められるようになっています。 ソーシャルスタートアップや、インパクト投資、SDGsなど事…

モリジュンヤ
3週間前
6

起業を促すプラットフォームとしてのグループ会社経営

社会問題を解決するビジネス(ソーシャルビジネス)しかやらない会社として知られるボーダレスグループの創業者である田口さんの著書を読みました。 グループとしてどのよ…

モリジュンヤ
3週間前
6

蓄積したアウトプットの棚卸しと客観視

ブログを書き始めてから随分と時間が経過しました。これまでにWordpress、Medium、noteと引っ越しをしてきているので、最初のころのエントリが残っていないのが残念ですが…

モリジュンヤ
4週間前
5

会社のドキュメンタリーと映像社内報

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

モリジュンヤ
4週間前
2

探究の過程を共有するメンバーシップをはじめました

メンバーシップを新しくはじめました。(以前立ち上げたプランは中止するのに時間がかかってしまい、参加いただいた方には価値を提供できずに申し訳ありません) 「編集知…

モリジュンヤ
1か月前
2

「組織市民行動」のダークサイドを認識する

組織の有効性に貢献する役割外の自発的な行動を指す「組織市民行動」。 報酬などの見返りを求めることなく自発的に他者を支援する行動であり、組織を裏から支える重要な行…

モリジュンヤ
1か月前
1

「Canva Docs」がリリースされてたので使ってみたよ

デザインプラットフォーム「Canva」が2022年9月に発表していた「Canva Docs」が正式にリリースされていたようなのでちょっと試してみました。 9月の時点ではβ版だったか…

モリジュンヤ
1か月前
2

コンテンツづくりの変数を捉えて成長のための課題を設定する

製造業においては、「QCD」と呼ばれる大事な要素が存在します。QCDとは、Quality(品質)、Cost(コスト)、Delivery(納期)の頭文字を並べたもの。 4年以上前ですが、fe…

モリジュンヤ
1か月前
1

フィードバックのガイドラインを共有する

仕事において率直なフィードバックを相互に行うことはとても大事。率直なフィードバックは、個人と組織が成長するために重要です。 頻繁に率直なフィードバックをし合うこ…

モリジュンヤ
1か月前
3

自分の「最高」を目指すための目標設定の考え方

年末年始にスポーツ心理学博士の布施 努さんの著書を読みました。目標設定についてや、自身の成長に関する考え方がかなりわかりやすくまとまっていたのでメモ。アスリート…

モリジュンヤ
1か月前
9

「IDGs(Inner Development Goals)」は影響力を持つリーダーの内面の成長目標

ソーシャルセクターだけでなく、ビジネスセクターにおいても社会課題の解決に向けた取り組みが増加しています。それ自体は望ましいことではありますが、同時に考えなければ…

モリジュンヤ
1か月前
4

コンパウンドスタートアップとインパクト評価

今年、IDENTITYではパーパス「日常の更新」を新たに設定しました。合わせて、パーパスを現場に落とし込むための「パーパスアセスメント」も策定しています。詳細は以下の記…

モリジュンヤ
1か月前
9

検索結果にChatGPTの回答も表示するサービス

「ChatGPT」は、2022年11月末にOpenAIがリリースした対話に特化した言語モデルと、同モデルを使ってユーザーが対話するためのWebサービス。リリースされてからいろんな人が…

モリジュンヤ
1か月前
5

事業と組織をつないで戦略を語るためのフレーム

経営をしていると、事業のこと、組織のこと、現在のこと、未来のこと、あれこれと考え続け、それを関係者に語っていかなくてはなりません。その際に、考えていることをわか…

モリジュンヤ
1か月前
9

「コレクティブ・メモリー(集合的記憶)」とアーカイブ、ナラティブについてのメモ

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

モリジュンヤ
1か月前
4

長期休暇は練習が必要

インクワイアは2022年12月23日が最終営業日。来年の始業は2023年1月10日からになります。17日間の冬休みです。長いですね。 フルリモート、フルフレックスの働き方だと、…

モリジュンヤ
1か月前
7

「ソーシャル・イントラプレナー」、社会課題の解決を社内起業家の存在

社内で新規事業を生み出すイントラプレナー(社内起業家)の存在は様々な企業で求められるようになっています。 ソーシャルスタートアップや、インパクト投資、SDGsなど事業成長だけでなく、社会課題の解決も求められるようになっているなか、イントラプレナーのあり方も変わろうとしているようです。 書籍『ソーシャル・イントラプレナー』で紹介されているのは、その名の通り社会課題の解決と事業成長の両立を目指す社内起業家に必要な考え方や実践例でした。 ソーシャル・イントラプレナーの登場同書

起業を促すプラットフォームとしてのグループ会社経営

社会問題を解決するビジネス(ソーシャルビジネス)しかやらない会社として知られるボーダレスグループの創業者である田口さんの著書を読みました。 グループとしてどのように連続的にソーシャルビジネスを立ち上げ、全体で利益を循環させているかというスキームが非常に興味深かったです。 スタートアップスタジオで事業立ち上げを支援する仕組みは有名ですが、ボーダレスグループでは黒字化したあとの経営フェーズにおける業務を支援するバックアップスタジオもセットにしているというのは参考になりました。

蓄積したアウトプットの棚卸しと客観視

ブログを書き始めてから随分と時間が経過しました。これまでにWordpress、Medium、noteと引っ越しをしてきているので、最初のころのエントリが残っていないのが残念ですが、そこそこの記事数になっています。 ブログはその時々考えたことをアウトプットする脳の外部化のような位置付けで運用してきているので、以前書いたことを自分でも忘れていることもしばしば。 今回、noteでメンバーシップを始めるにあたり、過去記事を読み返しながら、マガジンの振り分けなどをやり直しました。振

会社のドキュメンタリーと映像社内報

この記事はメンバーシップに加入すると読めます

探究の過程を共有するメンバーシップをはじめました

メンバーシップを新しくはじめました。(以前立ち上げたプランは中止するのに時間がかかってしまい、参加いただいた方には価値を提供できずに申し訳ありません) 「編集知の探究所」というメンバーシップとして、個人的に探究している内容をシェアしていきます。現状、プランは、ライトプランとスタンダードプランの2つを用意しました。 ライトプラン|メンバー限定の掲示板や記事へのアクセス スタンダードプラン|ライトプランに加えて、メンバー限定マガジンへのアクセス となっています。スタンダー

「組織市民行動」のダークサイドを認識する

組織の有効性に貢献する役割外の自発的な行動を指す「組織市民行動」。 報酬などの見返りを求めることなく自発的に他者を支援する行動であり、組織を裏から支える重要な行為でもあります。 日本の会社でも成果主義やジョブ型雇用が増加していますが、その弊害として「誰にも割り当てられていない仕事」は放置される傾向も増加します。組織市民行動はそうした側面においても注目の概念。 組織市民行動に関してはポジティブな側面に言及されることも多いのですが、ビジネスリサーチラボさんで「ダークサイド(※

「Canva Docs」がリリースされてたので使ってみたよ

デザインプラットフォーム「Canva」が2022年9月に発表していた「Canva Docs」が正式にリリースされていたようなのでちょっと試してみました。 9月の時点ではβ版だったかと思うのですが、ウェイティングリストには登録していなかったので、正式にリリースされた様子。 Docsを試してみたのがこちら。さすがにまだnoteにはURL貼り付けても表示されなかったのでテキストリンクで。作成したDocsは以下のようになりました。 個人的に期待しているのは、ワンクリックでプレゼ

コンテンツづくりの変数を捉えて成長のための課題を設定する

製造業においては、「QCD」と呼ばれる大事な要素が存在します。QCDとは、Quality(品質)、Cost(コスト)、Delivery(納期)の頭文字を並べたもの。 4年以上前ですが、ferretにこんな記事を書きました。メディア運営やコンテンツ開発も、製造に関するナレッジから学べることが多々あります。 コンテンツ開発の変数QCDというわけではありませんが、コンテンツ開発のスキルを分解する際に以下のように分けられます。 質=Quality 速さ=Speed 量=Qu

フィードバックのガイドラインを共有する

仕事において率直なフィードバックを相互に行うことはとても大事。率直なフィードバックは、個人と組織が成長するために重要です。 頻繁に率直なフィードバックをし合うことで、チームや組織全体のスピード感があがり、成果がでる。新しいことに挑戦し、学習し続けるために、フィードバックは欠かせません。 『NO RULES』の中で、Netflixではフィードバックのガイドラインを「4A」と名付けていると紹介されていました。 互いにガイドラインを認識しながら、フィードバックをする側と受ける

自分の「最高」を目指すための目標設定の考え方

年末年始にスポーツ心理学博士の布施 努さんの著書を読みました。目標設定についてや、自身の成長に関する考え方がかなりわかりやすくまとまっていたのでメモ。アスリートに関する話ですが、ほとんどそのまま仕事に当てはめられます。 自分がコントロールできるのは自分だけ。目標を立てるときは理想像と現在のギャップを明らかにし、何がどれだけ必要化を明確にしてやらなければならないことに取り組む縦型×逆算で。 横型比較思考で他者と比べながら、自分の不足部分を足し算しながらで目標を設定すると諦め

「IDGs(Inner Development Goals)」は影響力を持つリーダーの内面の成長目標

ソーシャルセクターだけでなく、ビジネスセクターにおいても社会課題の解決に向けた取り組みが増加しています。それ自体は望ましいことではありますが、同時に考えなければならないのは課題の解決に取り組む人の変化。 SDGsについて語られることが増え、持続可能な開発目標をどう達成するかについての議論は増えていますが、その担い手である個人や組織がどうあるべきか、についての議論はまだまだ足りていません。 非営利かつオープンソースのイニシアチブである「Inner Development G

コンパウンドスタートアップとインパクト評価

今年、IDENTITYではパーパス「日常の更新」を新たに設定しました。合わせて、パーパスを現場に落とし込むための「パーパスアセスメント」も策定しています。詳細は以下の記事をどうぞ。 IDENTITYは、Studio、DNVB、Mediaといくつかの事業を手掛けており、それぞれの事業において大事にしたいエッセンスをどう注入するかが重要でした。 ロジックモデルやセオリーオブチェンジ等の考え方を参考にしながら大事にしたいエッセンスの要素を整理し、それらを分類。互いがどのような関

検索結果にChatGPTの回答も表示するサービス

「ChatGPT」は、2022年11月末にOpenAIがリリースした対話に特化した言語モデルと、同モデルを使ってユーザーが対話するためのWebサービス。リリースされてからいろんな人がChatGPTと会話して楽しんでましたね。 そのChatGPTの回答を、GoogleやBing、DuckDuckGoなどの検索結果にも表示するChromeのエクステンションが登場してました。さっそく試してみると、こんな感じに。 ChatGPTの回答のために検索ワードの入れ方はちょっと変える必要

事業と組織をつないで戦略を語るためのフレーム

経営をしていると、事業のこと、組織のこと、現在のこと、未来のこと、あれこれと考え続け、それを関係者に語っていかなくてはなりません。その際に、考えていることをわかりやすく伝えるためには整理が必要。 リクルートワークス研究所が2016年に発表していた経営戦略と人材・組織戦略を整理する 「シートX」がフレームワークとして非常にわかりやすかったので紹介。 シートX は7つのボックスに分かれており、経営戦略を左半分で「ミッション」「中期目標」「事業戦略」の3つのボックスで整理し、人

「コレクティブ・メモリー(集合的記憶)」とアーカイブ、ナラティブについてのメモ

この記事はメンバーシップに加入すると読めます

長期休暇は練習が必要

インクワイアは2022年12月23日が最終営業日。来年の始業は2023年1月10日からになります。17日間の冬休みです。長いですね。 フルリモート、フルフレックスの働き方だと、いつでもどこでも働けます。普段から、働きすぎることのないよう、しっかり休むことの大切さについて社内では話しているのですが、長期の休暇は休み方の練習が必要だと考えています。 2週間前後という期間が長期かはさておき、それくらいの期間休むには関わっているプロジェクトたちにおける仕事の調整が必要になります。