モリジュンヤ

編集家。岐阜県出身。コンテンツスタジオやメディアコレクティブ、デザインファームの運営な…

モリジュンヤ

編集家。岐阜県出身。コンテンツスタジオやメディアコレクティブ、デザインファームの運営などを通じて、社会変容のために活動しています。メディア設計、コンテンツ戦略、プロジェクト編集が主な仕事。インクワイア代表、IDENTITY 共同創業者、NPO法人soar副代表。

マガジン

  • #編集 #ライター 記事まとめ

    • 1,585本

    編集、ライター、コンテンツ、メディアなどに関する記事をまとめていきます。

  • 現代編集論

    編集の新しい可能性を深化、探索における思索をまとめていきます。

  • インクワイアのオープン社内報

    • 32本

    編集するクリエイティブカンパニー、インクワイアについてのお知らせや活動内容、メンバーによるコラムなどをまとめたオープン社報です。 URL: https://inquire.co.jp/

  • 自然、文化、経営

    自然や文化、社会などさまざまなものからヒントを得ながら、それらにも価値を還元する経営に取り組むための思考や実践の記録。

  • 暮らしが仕事、仕事が暮らし。

    日々の仕事や暮らしのことを綴る日記のようなブログです。 マガジンタイトルは、陶工・河井寬次郎の言葉より。

ウィジェット

  • 商品画像

    新世代エディターズファイル 越境する編集ーデジタルからコミュニティ、行政まで

    影山裕樹
  • 商品画像

    フリーランス&“複"業で働く! 完全ガイド (日経ムック)

    一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会
  • 商品画像

    SPECULATIONS 人間中心主義のデザインをこえて

  • 商品画像

    ソーシャルデザイン (アイデアインク)

記事一覧

質問いただくことも多かったので、インクワイアの仕事をまとめました。

内容更新しつつ、わかりやすくまとめていきます。なにかお仕事のご相談があればいつでも!

https://note.com/inquire/n/n1cab667e220d

1

自然・文化・歴史を分かり易く人々に伝える技法「インタープリテーション」を学びたい

編集の可能性や、社会において求められる役割を果たすために、他領域の概念に触れてヒントをもらうようにしています。 例えば、非専門家に対して科学的なトピックを伝える…

2

内省からペースメイク、思考整理のサポートまで。「ライティングコーチ」の可能性

「ライティングコーチ」という職業があります。日本では耳馴染みがありませんが、北米では書籍の著者にライティングコーチが伴走し、執筆をサポートするそうです。 以前よ…

11

動画や音声の時代における「書く」の価値

プラットフォームも増え、テクノロジーの発達で動画や音声を制作するハードルが下がったこともあり、動画や音声のコンテンツニーズは上がっています。 文字のコンテンツは…

5

スローな経営の実践

ソーシャルイノベーション実現のために創造的な対話の場作りを行う株式会社フューチャーセッションズの創設や、渋谷区に関わる企業・行政・NPO横断のイノベーションプロジ…

モリジュンヤ
2週間前
3

ブランディング・プラットフォーム「visions」にインタビュー記事が掲載されました

”こころざし”で未来をつくる、ブランディング・プラットフォーム「visions」に、インタビューされた記事が掲載されました。 モリジュンヤさんに学ぶ、自分らしい道を拓…

モリジュンヤ
2週間前
2

質問いただくことも多かったので、インクワイアの仕事をまとめました。

内容更新しつつ、わかりやすくまとめていきます。なにかお仕事のご相談があればいつでも!

https://note.com/inquire/n/n1cab667e220d

自然・文化・歴史を分かり易く人々に伝える技法「インタープリテーション」を学びたい

自然・文化・歴史を分かり易く人々に伝える技法「インタープリテーション」を学びたい

編集の可能性や、社会において求められる役割を果たすために、他領域の概念に触れてヒントをもらうようにしています。

例えば、非専門家に対して科学的なトピックを伝える「サイエンスコミュニケーション」がどのような考えで実践されているかを知ることは、技術に関連したコミュニケーションを行う上でのヒントがあります。

最近、関心を持っているのは「インタープリテーション」。インタープリテーションとは、自然や歴史

もっとみる
内省からペースメイク、思考整理のサポートまで。「ライティングコーチ」の可能性

内省からペースメイク、思考整理のサポートまで。「ライティングコーチ」の可能性

「ライティングコーチ」という職業があります。日本では耳馴染みがありませんが、北米では書籍の著者にライティングコーチが伴走し、執筆をサポートするそうです。

以前より、ライティングとコーチングの境界線には興味を持っているのですが、書け合わさったライティングコーチという存在からはいろいろなヒントがもらえそうだと考えています。

ライティングコーチの仕事以前、インクワイアのブログでライティングコーチにつ

もっとみる
動画や音声の時代における「書く」の価値

動画や音声の時代における「書く」の価値

プラットフォームも増え、テクノロジーの発達で動画や音声を制作するハードルが下がったこともあり、動画や音声のコンテンツニーズは上がっています。

文字のコンテンツは、動画や音声と比べて受け取る側の能動的な行動がより求められるため、人のアテンションを奪い合っていたり、可処分時間が減っていくなか、相対的に不利な状態にあります。

生成AIの進歩もあり、テキストのメディアで仕事をしてきた人は、仕事に対する

もっとみる
スローな経営の実践

スローな経営の実践

ソーシャルイノベーション実現のために創造的な対話の場作りを行う株式会社フューチャーセッションズの創設や、渋谷区に関わる企業・行政・NPO横断のイノベーションプロジェクト「渋谷をつなげる30人」を立ち上げた野村さんが現在取り組んでいるのが「スロー・イノベーション」です。

スローフード運動のように、プロセスを大切にし、人と人との関係性をつくり、小さな変化がさざ波のように社会を進化させていくことを志向

もっとみる
ブランディング・プラットフォーム「visions」にインタビュー記事が掲載されました

ブランディング・プラットフォーム「visions」にインタビュー記事が掲載されました

”こころざし”で未来をつくる、ブランディング・プラットフォーム「visions」に、インタビューされた記事が掲載されました。

モリジュンヤさんに学ぶ、自分らしい道を拓く「問い」の立て方

学生時代から就職、フリーランス、起業まで、これまでの歩みについてお話させてもらいました。

いろいろなことを経験してみているのですが、自分の中では「問い」を持ち、それを訂正したり、更新したりしながら、歩んできて

もっとみる