モリジュンヤ

編集家。岐阜県出身。経済、技術、デザイン、文化、環境など多様な領域を横断的に探究し、マ…

モリジュンヤ

編集家。岐阜県出身。経済、技術、デザイン、文化、環境など多様な領域を横断的に探究し、マネジメントやディレクションをしています。インクワイア代表取締役、IDENTITY 取締役、NPO法人soar副代表など。noteでは日々の発見や思考を書いています。

マガジン

  • 暮らしが仕事、仕事が暮らし。

    日々の仕事や暮らしのことを綴る日記のようなブログです。 マガジンタイトルは、陶工・河井寬次郎の言葉より。

  • ポスト・ライフハック

    このマガジンでは日常生活をより良くするためのスキルや考え方、道具についてまとめていきます。

  • わたしの文化的土壌

    本、映画、アニメ、マンガなど、自分の文化的な土壌を耕してくれるコンテンツについての体験メモのようなもの。

  • 小さな経営実践

    自然や文化、社会などさまざまなものからヒントを得ながら、それらにも価値を還元する経営に取り組むための思考や実践の記録です。

  • 現代編集論

    編集の新しい可能性を深化、探索における思索をまとめていきます。

ウィジェット

  • 商品画像

    新世代エディターズファイル 越境する編集ーデジタルからコミュニティ、行政まで

    影山裕樹
  • 商品画像

    フリーランス&“複"業で働く! 完全ガイド (日経ムック)

    一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会
  • 商品画像

    SPECULATIONS 人間中心主義のデザインをこえて

  • 商品画像

    ソーシャルデザイン (アイデアインク)

記事一覧

できるかどうかは置いておいて、まずやりたいかどうかを考える

「やりたいこと」について書くとニーズがあるようなので、今回もそれに関連することを書こうと思う。 これまでにも、やりたいことをどう見つけるかについてやどうそれに挑…

100
1

どうせ失敗するなら早いほうがよくない?

「将来、◯◯をやりたいので、まずは△△で経験を積みたいと思います」という将来設計の話を聞くことがとても多い。こういった話を耳にするたびに、「なんで今やらないの?…

100
11
この記事は
マガジンの購入者だけが読めます。

日々の思考に気をつけましょう

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

この記事は
マガジンの購入者だけが読めます。

たまには参加しているコミュニティを客観視する

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

マーケット散策

今日は、梅雨時期にしては過ごしやすい気候。取材の前に、代々木公園で開催されていたアースデイマーケットに寄ってみた。 あちこちにお店が立ち並び、自然食のお店や野菜…

100
1

少しずつ、日常の当たり前を塗り替える

今日のお昼は住人が全員家に居たので、揃ってご飯を食べることになった。 平日のお昼に揃ってご飯を食べる。それぞれ独立してはたらいているからこそ可能なことだ。 平日…

1
できるかどうかは置いておいて、まずやりたいかどうかを考える

できるかどうかは置いておいて、まずやりたいかどうかを考える

「やりたいこと」について書くとニーズがあるようなので、今回もそれに関連することを書こうと思う。

これまでにも、やりたいことをどう見つけるかについてやどうそれに挑戦するかを書いてきた。

だが、どうやら大人も若者も「やりたいこと」を見つけられないという人が多いようだ。

その要因はいろいろあると思うけれど、ひとつは自分で自分の可能性を狭めてしまっていることがある。

「何をやりたいのか」「目標はな

もっとみる

どうせ失敗するなら早いほうがよくない?

「将来、◯◯をやりたいので、まずは△△で経験を積みたいと思います」という将来設計の話を聞くことがとても多い。こういった話を耳にするたびに、「なんで今やらないの?」と聞くことにしている。

スタートアップには、「Fail Fast(早く失敗しておけ)」という言葉がある。最近では、けんすうさんが新卒の人向けにnoteを書かれていたので、興味がある人はこちらをどうぞ。

「Fail Fast」は、事業や

もっとみる
この記事は
マガジンの購入者だけが読めます。
マーケット散策

マーケット散策

今日は、梅雨時期にしては過ごしやすい気候。取材の前に、代々木公園で開催されていたアースデイマーケットに寄ってみた。

あちこちにお店が立ち並び、自然食のお店や野菜等を販売するお店がよく目に止まる。

用意されているベンチ席では、昼ビールをしている人がいて、子どもたちは昨日の雨の名残を感じさせる水たまりで楽しそうに遊んでいた。

少し曇っているけれど、そのおかげで日差しは弱く、時折肌を撫でる風が心地

もっとみる
少しずつ、日常の当たり前を塗り替える

少しずつ、日常の当たり前を塗り替える

今日のお昼は住人が全員家に居たので、揃ってご飯を食べることになった。

平日のお昼に揃ってご飯を食べる。それぞれ独立してはたらいているからこそ可能なことだ。

平日の昼間というと、忙しなく働いているイメージがある。そのため慣れない人は、落ち着かないかもしれないが、いざやってみるとこれが案外楽しい。

未知である間は言いようのない不安を感じてしまうのが人間なのだが、一度体験すると既知に変わる。既知に

もっとみる