暮らしを編む

55
仕事と暮らしが融和する時代に生きるために考えていること

仕事と暮らしが融和する時代に生きるために考えていること

近頃、「はたらき方」をテーマにしたメディアが増えた。2020年、2025年のはたらき方を予見する記事も、頻繁に掲載され、シェアされる。 「はたらき方」というのは、それだけ多くの人が長年関心を寄せ続けているテーマなんだと思う。 女性の社会進出、要介護者の増加、終身雇用の崩壊など、社会は変化が激しくなっている。最近、また「はたらき方」が注目される理由は、社会の変化が激しくなったからなのだろう。 数年前、2009年頃は「ノマドワークスタイル」という言葉が流行り、2011年頃に

スキ
8
有料
300
自分のやりたいことを見つけるためには

自分のやりたいことを見つけるためには

関西から東京に来ている学生の子と話す機会があった。彼女は、夜行バスで僕が主宰しているライティングを学び合うコミュニティ「sentence」のイベントに来てくれた。 話を聞いてみると、就職活動をしていたけれど、自分がやりたいことがわからなくなって、一旦休止中なのだという。 自分がやりたいことは何か。これを把握するのは、とても難しい作業だ。就職し、社会人になり、活躍している人でも、明確になっていなかったりする。 学生のうちから、自分のやりたいことの解像度を上げていくというの

スキ
17
有料
100
どうせ失敗するなら早いほうがよくない?

どうせ失敗するなら早いほうがよくない?

「将来、◯◯をやりたいので、まずは△△で経験を積みたいと思います」という将来設計の話を聞くことがとても多い。こういった話を耳にするたびに、「なんで今やらないの?」と聞くことにしている。 スタートアップには、「Fail Fast(早く失敗しておけ)」という言葉がある。最近では、けんすうさんが新卒の人向けにnoteを書かれていたので、興味がある人はこちらをどうぞ。 「Fail Fast」は、事業や起業に対して用いられることが多い。だが、これは個人がやりたいことに挑戦するときに

スキ
10
有料
100