現代編集論

77
多様化が進むと「コミュニケーション」が大事になる

多様化が進むと「コミュニケーション」が大事になる

「シビックプライド」という概念がある。 これは都市に対する市民の誇りを指す言葉で、自分自身が関わって地域を良くしていこうとする、ある種の当事者意識に基づく自負心がシビックプライドだ。 2008年には宣伝会議から「シビックプライド―都市のコミュニケーションをデザインする」が出版され、注目を集めた。アムステルダムの「I amsterdam」などが有名な事例だ。 シビックプライドが注目を集め始めたのは、欧州だった。その背景には、EUが生まれ、欧州間の移動がしやすくなったことが

30
「聴き書き」の価値。人を元気にしたり、人生の記録を残す

「聴き書き」の価値。人を元気にしたり、人生の記録を残す

横浜市戸塚区では、「聞き書きのわ」というNPO法人がお年寄りから話を聞き、話し言葉のまま活字にして一冊の本にまとめる「聞き書き」の活動をしている。 「カナロコ by 神奈川新聞」によれば、 「ボランティアと会話を重ねる中で高齢者が元気になったり、その人の人生を記録することが、地域の歴史を残すことにもつながったりする」 とのことだ。人の話を聞くことは対象に影響を与えることができるし、一般人であっても記録を残していくことは地域のためにつながっていく。 ▷聞き書きの輪広がれ

19
2018年、inquireのメンバーと共有したい3つのキーワード

2018年、inquireのメンバーと共有したい3つのキーワード

2018年がスタートして、あっという間に1週間が経とうとしてる。うかうか過ごしていると、あっという間に終わってしまいそうだ。 今年やるべきことを考える上で、inquireのメンバーとも共有したい3つのキーワードが思い浮かんだ。 「個」 編集やライティングは、どうしたって個のポテンシャルが必要になる。スキルアップや専門性の向上が不可欠だ。そこはさらに磨きをかけなければならない。 加えて、自らの「個」を掘り下げる必要がある。これまでもinquireでは1on1の面談等を通

16