コンテンツ備忘録

16
『サーチ・インサイド・ユアセルフ――仕事と人生を飛躍させるグーグルのマインドフルネス実践法』

『サーチ・インサイド・ユアセルフ――仕事と人生を飛躍させるグーグルのマインドフルネス実践法』

どんな本? Googleで開発され、世界の有力企業が続々と導入しているというマインドフルネスの実践プログラム「サーチ・インサイド・ユアセルフ」の内容を開発者自らが語った書籍。 マインドフルネスの実践にあたってのポイントが紹介されている。ところどころ差し込まれている著者によるジョークから、著者の性格が伺えて面白い。 読んだ理由 創造性、関係構築、自己認識、ストレス軽減などをどうチームに取り入れるかを考え、手にとった。実際に組織のフェーズが変わってから読んだことで、中

16
小さな会社で働き始める人に読んでもらいたい本まとめ

小さな会社で働き始める人に読んでもらいたい本まとめ

学生や新社会人など、仕事をし始める人に読んでもらいたい人をまとめました。とくに、ウチのような10人〜30人くらいの小さなチームで働く人向けの選書です。 小さな会社で働くには、自分の仕事をコントロールし、主体的に関わり、成果を上げる意識が必要です。そういった知識をインプットするための、論理思考、タスク管理、時間管理、マインドセットなどの本をピックアップしています。 ライティングの本に関してはこちらをどうぞ。

93
『生きるように働く』

『生きるように働く』

どんな本? 生きるように働く人のための求人サイト「日本仕事百貨」を立ち上げたナカムラケンタさんの著書。 仕事百貨の歴史を振り返りながら、その時々で出会った人たちへのインタビューを掲載しながら「はたらく」とは何かを紐解いている。 語りかけるような口調が心地よい。 読んだ理由 大学時代に『東京仕事百貨(当時はまだ「東京」だった)』がリリースしたときは衝撃だった。就職するということに対して、漠然と抱いていた気持ちを晴らしてくれるような気がした。 「ああ、仕事と生きる

11