見出し画像

編集者が介在する価値はどこにあるのか

inquireで運営しているメディア『UNLEASH』で掲載した記事たちに反響があった。

UNLEASHでは、社会の事象から新たな視点の獲得や考えを深めるきっかけを提供していきたいと考え、色んなコンテンツを掲載している。

最近では、ポップカルチャーから社会対するメッセージの投げかけや起業に関する問題提起を行う記事などを掲載した。

いずれも素晴らしい記事で、こうした記事をもっと届けていきたい。

ただ、この記事を書いてくださった書き手のはいずれも書く力のある人たち。この記事を生み出し、読んでもらう上で編集部にできたことはなんだったのかを考えなければならない。

今は、誰もが発信できる時代。「このメディアでなくても良い」とならないように、コンテンツを生み出し、届けるプロセスに介在する価値を生み出す意識が編集部には必要だ。

著者に声をかけたことか、著者のモチベーションを向上させたことか、中身を一緒に考えたことか、読者が集まる場をオーガナイズしていることなのか。コンテンツを振り返って自らの存在価値を捉え直さなければならない。

編集が介在する価値はなんなのかを常に考えていたいし、編集部のメンバーにも常に問いかけていきたい。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
「スキ」ありがとうございます!
18
編集者。ソーシャルイノベーションと持続可能性の触媒を目指して、マネジメントやプロデュースなどしてます。 inquire Inc.代表、NPO法人soar副代表、IDENTITY共同創業など、小さな経済共同体が集まる生態系づくりを実践中。

こちらでもピックアップされています

現代編集論
現代編集論
  • 76本

編集の新しい可能性の探索における雑記。メディア論やコンテンツ論を中心に、広義の編集についての思索をまとめていきます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。