見出し画像

地元に「日本茶のある暮らし」を提案するお茶屋さんを作りました

昨年、クラウドファンディングを実施し、リノベーションを進めてきた地元美濃加茂市の駅前ビル「MINGLE」が、ついにもうすぐオープンを迎えます。

僕は普段ほとんど東京なので、無事オープンを迎えられるのは、IDENTITYのメンバーや、地元のみなさんのおかげです。

2019年2月5日(月)、MINGLEの1階には、美濃地方に残る茶葉と器の文化を受け継いだ日本茶ブランド「美濃加茂茶舗」がオープン!

美濃加茂茶舗は、オリジナルブレンドの茶葉と、それに合うセレクトされた器と和菓子を取り扱う予定です。美濃加茂茶舗の監修は、 (有)新世紀工房の茶師、田口雅士さん。

テイクアウトメニューは、緑茶、煎茶、ほうじ茶に加え、各種ラテなど見た目も楽しめるドリンクもあります。店舗内では自分でお茶を淹れながら一息つけるセットメニューも。ほうじ茶ラテなどのメニューもあります(僕もまだ飲んだことはないのですが...)

サイドメニューとして、老舗和菓子屋「みのかも金蝶堂」とコラボして開発したどらやき「もちどら」を販売。美濃加茂で育った米粉と餅粉を1:1でブレンドした生地を使用しています。

土地が育んできた文化と一緒に、新しい《日本茶のある暮らし》を提供しようと、チームメンバーが奮闘中。

店舗に合わせて、ECサイトもオープン。店舗にこれない人でも、岐阜の茶葉で日本茶を楽しむ生活を体感できます。気になる方はぜひ店舗やECでお茶や和菓子を楽しんでください!

美濃加茂茶舗のある1階のスペースは、国籍や職業、年齢に関係なく誰もが簡単にお店を出すことができるチャレンジショップスペースとしても活用予定です。地域の方が挑戦する場になり、挑戦を応援する文化が地域に根付くきっかけになったらいいなと思います。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

「スキ」ありがとうございます!
31

モリジュンヤ / inquire

事業や組織の成長に貢献する編集者としてスタートアップ・ミドルベンチャーを中心に伴走。戦略編集やプロジェクトエディティングを手がける。inquire CEO / UNLEASH 編集長 / FastGrow CCO / NPO法人soar副代表

編集的経営論

編集者が株式会社やNPO法人の経営を通じて生まれた思考のメモ。経営や組織、事業などについてまとめていきます。
2つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。