見出し画像

多様化が進むと「コミュニケーション」が大事になる

「シビックプライド」という概念がある。

これは都市に対する市民の誇りを指す言葉で、自分自身が関わって地域を良くしていこうとする、ある種の当事者意識に基づく自負心がシビックプライドだ。

2008年には宣伝会議から「シビックプライド―都市のコミュニケーションをデザインする」が出版され、注目を集めた。アムステルダムの「I amsterdam」などが有名な事例だ。

シビックプライドが注目を集め始めたのは、欧州だった。その背景には、EUが生まれ、欧州間の移動がしやすくなったことがあるという。欧州の都市は、互いに市民を奪い合い、都市間競争が激しくなった。

さらに、今までは「この都市に住むのは、こういう人たち」というのが一様だった。が、移動しやすくなったことで都市における市民の多様化も進んだ。

都市間競争の激化と、市民の多様化。それによって、各都市は都市のアイデンティティを示さなければならなくなり、シビックプライドが生まれた。

これと同じような話を目にした。産業編集センターが出版している「組織と人を活性化する インナー・コミュニケーションと社内報」を読んでいるときだ。

企業でも多様化が起きている。企業も、少し前までは同じ価値観の人たちが働く場所だった。働き方における価値観も多様化が進んでいるし、企業が競争する対象も広がっている。

会社はビジョン、ミッションを再確認し、関わる人々に浸透させようと取り組み始めている。社内報やインナーコミュニケーションが少しずつ注目を集めているのは、そういう理由なのだろう。

多様化が進むと、コミュニケーションが必要になる。都市でも、企業でも同じことが言えるようだ。

僕は、大学生の頃に「シビックプライド」を知って、コミュニケーションで都市に関われるとわかり、喜んだ。組織にコミュニケーションで関われると知った今、やはりワクワクする。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

「スキ」ありがとうございます!
22

モリジュンヤ / inquire

編集者、inquire Inc代表。NPO法人soar副代表、IDENTITY共同創業者。 noteでは、編集やライティング、メディアやビジネスなどについて書いてます。

編集的経営論

編集者が株式会社やNPO法人の経営を通じて生まれた思考のメモ。経営や組織、事業などについてまとめていきます。
3つ のマガジンに含まれています

コメント1件

はじめまして。いつもnote参考にさせてもらってます!モリジュンヤさんは、投稿されているnoteは有料販売されないんですか??
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。