「大企業は安定じゃない⇨フリーランスになろう」は違うと思うんです

「大企業はもはや安定していないからフリーになりました!」的なエントリをブログに書かれる方がちらほらいます。

決意表明されるのは大変結構なのですが、僕は「大企業は安定じゃないから、フリーランスになろう」というメッセージはちょっと違うと思うんですよね。

以前と比較して、大企業が安定した仕事先ではなくなっているかもしれません。かといって、別にフリーランスが安定した働き方なわけではないですから。

大企業が安定した環境ではないというのが事実だったとして、安定した働き方なんてない、という前提に立つことができただけ。

どの働き方にも形や種類は違えど、それぞれリスクは存在していて、自分はどんな環境なら納得して働くことができるのかを考えることが大事だと思います。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
「スキ」ありがとうございます!
41
編集者。ソーシャルイノベーションと持続可能性の触媒を目指して、マネジメントやプロデュースなどしてます。 inquire Inc.代表、NPO法人soar副代表、IDENTITY共同創業など、小さな経済共同体が集まる生態系づくりを実践中。
コメント (7)
長年フリーランスしている人たちが喉から手がでるほどほしいもの。。。
まぁそれと引き換えに手に入れる自由がそれだけ価値があるといいのだけど。フリーになる理由がそれってのは人それぞれとはいえなんか微妙な感じがすごいする
それだけ自由に価値を感じられる人は少ないと思うんよねぇ。
フリーランスのほうが自由じゃないのでは。8h縛られないのを自由というのならば自由だが・・・。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。