モリジュンヤ
フリーランスは「甘い」という事実を認識した上でどう行動するか
見出し画像

フリーランスは「甘い」という事実を認識した上でどう行動するか

モリジュンヤ

先日、こんなツイートをしました。独立して仕事をするようになってから、常に意識するようにしていることです。

今、自分は価値を蓄積しているのか、消費しているのか。これを考えておかないと、できることばかりが仕事になってしまい、少し先の仕事につながるアクションをとれなくなってしまいます。

フリーランスはなかなか他者からフィードバックを受ける機会がないので、セルフチェックが欠かせません。そうしなければ、必要がなくなったときに、そっと仕事が発注されなくなります。

ただ、お金よりも大きなリスクがフリーランスにはあると思う。それは、成長が止まること。フリーランスというのは、現在のスキルやリソースの切り売り以上、何物でもないから。

以前、NEWPEACEの高木くんはフリーランスについてこんなブログを書いていました。このことについては僕も同意です。

フリーランスは甘いのだ、という前提を踏まえた上でフリーランスを続けるのであれば、どう自分を成長させるかを真剣に考えないといけない。

最近はフリーランスになる人も増えてきたので、ぜひ考えてみてほしいなと思います。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
モリジュンヤ

サポートいただいたらその分、執筆活動等に充当させていただきます。

モリジュンヤ
編集家。日々、編集や経営を実践する中での気付きや思考などを発信しています。インクワイア代表取締役、IDENTITY共同代表、soar副代表など。