見出し画像

「やりたいこと」より「学びたいこと」を考えよう

「やりたいことがなくて」

そんな相談を受けることがしばしばあります。最近、「やりたいこと」よりも、「学びたいこと」があるかって視点が大事なんじゃないかと思ったんですよね。

学びたいことがあれば、内発的な動機で動きやすいし、学ぶプロセス自体が楽しみやすくなるので、プレイフルに日々を過ごせるようになる。

新しいことを学ぶ力は周囲が変化しても常に価値を発揮するし、学ぶ意欲があれば自分が変化することも楽しめる。

学びたいことがあるのは良いことづくし。ただ、「学びたいこと」を「やりたいこと」と捉えている人ってあまり多くないような気がしていて。

別にやりたいことなんかなくたっていい。ただ、「学びたいこと」は常に持っておけると、人生が充実するんじゃないかなと思います。

学び方について書かれた書籍『Learn Better』では、良い学習方法を「価値を見いだす」「目標を設定する」「能力を伸ばす」「発展させる」「関係づける」「再考する」の6つの手順で紹介しています。

学びたいことに加えて、学び方まで習得していけたら、楽しめることがたくさん見つかりそうですよね。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

「スキ」ありがとうございます!
76
編集者。inquireの代表やNPO法人soarの副代表、IDENTITYの共同創業者です。noteでは企画、編集、メディア、経営等について書いていきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。