見出し画像

『やらないこと戦略 最大限にクリエイティビティを上げる時間管理術』

どんな本

「やること」よりも「やらないこと」を明確にすれば、「すぐやること」がわかり、仕事の質が最高にアップする、という考えのもと、どちらかというとクリエイティブワークをしている人向けに「やらないこと」を整理していくための考え方を紹介している本。

前半あたりに「やらないこと」を整理するための方法がまとまってる。ルーティンを設定したり、自分の人生で何を成したいかを考えて現時点でのやらなくても良いことを精査する方法とか。

読んだ理由

やることよりも、やらないことを決めたほうがパフォーマンスは上がる。タスク管理の方法などを会社のメンバーに伝えることもあるけれど、やらないことを決める方法も伝えていかないとなぁとチョイス。

『マルチポテンシャライト』と合わせて読んだ。やりたいことや気になることがたくさんある人は取捨選択の参考にするといいかも。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

「スキ」ありがとうございます!
20

モリジュンヤ / inquire

事業や組織の成長に貢献する編集者としてスタートアップ・ミドルベンチャーを中心に伴走。戦略編集やプロジェクトエディティングを手がける。inquire CEO / UNLEASH 編集長 / FastGrow CCO / NPO法人soar副代表

読書備忘録。

読んだ本のメモを備忘録的に。テーマは、経済、社会、経営、哲学、テクノロジー、働き方、文章など。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。