見出し画像

できるかどうかは置いておいて、まずやりたいかどうかを考える

「やりたいこと」について書くとニーズがあるようなので、今回もそれに関連することを書こうと思う。

これまでにも、やりたいことをどう見つけるかについてやどうそれに挑戦するかを書いてきた。

だが、どうやら大人も若者も「やりたいこと」を見つけられないという人が多いようだ。

その要因はいろいろあると思うけれど、ひとつは自分で自分の可能性を狭めてしまっていることがある。

「何をやりたいのか」「目標はなにか」を聞いていくと、「本当はこういうことをやりたいんですけど、自分は向いてないから無理そうで...」と答える人が多い。

この続きをみるには

この続き: 261文字
記事を購入する

できるかどうかは置いておいて、まずやりたいかどうかを考える

モリジュンヤ

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
「スキ」ありがとうございます!
1
変容の触媒として活動するinquire代表。事業や組織の変容の支援、自由に生きるための知の共有、起業家ジャーナリズムの実践などがテーマ。NPO法人soar副代表、IDENTITY共同創業者など、複数の経済生態系をつなげていくことによるソーシャルイノベーションに挑戦中。