見出し画像

休暇の練習

今日は三連休の最終日。結局、遠出することもなく、三日とも何かしらの仕事をして過ごした。

23歳で大学を出て、24歳でフリーになり、連休中らしい連休をとった記憶がない。仕事が面白いし、何をしてても仕事につながるような職業なのであまり気にはしてないけれど、やはり経験できることは限られてしまう。

連休最終日は、6月の納会的な飲み会だった。もう7月も半ばになってしまったけれど、直接集まって色々話そうということでたわいもない話をした。

サバティカル休暇をとろうとしているメンバーや、卒業旅行に行こうとしているインターンの話を聞いて、休暇をとること、遠出をすることを推奨できるチームでありたい、そう思った。

フリーランスで働いていると、なかなか休みをとれない。休むことへの心理的なハードルもある。うまく仕組みを作ることで、休むとことへの心理的なハードルを下げていきたい。

上手く休めるようになるというのは、僕が会社を作った時からやりたいと考えていることの一つだ。旅先で仕事をする「ワーケーション」のようなスタイルも実現しやすくなった今、可能な限りそれを後押しできるような組織にしていきたい。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

「スキ」ありがとうございます!
16
編集者。inquireの代表やNPO法人soarの副代表、IDENTITYの共同創業者です。noteでは企画、編集、メディア、経営等について書いていきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。