見出し画像

メルカリのコピーライター募集要項に見る「ライター」「編集者」に求められる能力

最近、inquireに来る仕事の相談がこれまで以上に多岐に渡ってきています。

一部を抜粋するだけでも、BIやCIに関する言葉の整理、サービスのUXライティング、コーポレートサイトに掲載するメンバーインタビューの作成、オウンドメディアの編集パートナー、B2Bマーケティングにおけるコンテンツデザインなど色々。言葉を使う仕事に関する相談を数多くいただいている状況です。

幅が広いため、上記のような仕事をライターが対応していることもあれば、コピーライターが対応していることもあり、デザイナーや広報といった職種の人たちがなんとか対応しているケースもあります。

上記のような仕事の幅に対応する職種はこれまでの整理では存在しないのですが、メルカリでは「コピーライター」という職種として採用をしています。

こちらのジョブディスクリプションに記載された仕事の内容は下記の通り。

・株式会社メルカリ・メルペイに横断的に関わるクリエイティブの企画・制作。その中でも「コピーライティング」「エディトリアル」「校閲」の分野に向き合い、さまざまな施策やサービスの改善を行う。

〈コピーライター/エディター/ライター〉
・株式会社メルカリ・メルペイに関するブランディングとマーケティングを推進するためのテキストを中心としたクリエイティブの立案と実行
・サービスのUXデザインに関わるさまざまなコピーライティングの制作
・株式会社メルカリにまつわる資料の制作
・オウンドメディアの運営
〈校閲〉
・株式会社メルカリ・メルペイにまつわるワーディングルールの設定・運用
〈SEOワーディング〉
・サービス及びオウンドメディアなどにおけるSEO施策の実施

仕事としては、コピーライティングでもあり、ライティングでもあり、編集でもある。会社や事業に関する発信を担っているので、広報的な役割もあります。UXデザインに関するライティングというのは、UXライティングですね。

メルカリでコピーライターとして活躍している方のインタビュー記事がメルカンに載っているので、具体的な仕事の内容についてはこちらをどうぞ。

本来、コピーライターという職種の人は「広告」の文章をつくる仕事でした。メルカリのコピーライターはその領域だけではなく、より広義の仕事が求められている印象です。コピーライターとして募集がかかっているものの、求められる内容としては編集的でもあり、ライター的でもあります。

ということは、編集者はライターはこうした職能を磨くことを念頭においておくと、市場での価値が高まりやすいはず。冒頭のようにinquireに寄せられている相談内容からもその実感があります。

自身のアイデンティティとしての職業は持ちつつ、スラッシャーのように他の領域のスキルセットも磨いていくと現代のような領域横断的に動く必要がある時代には適応しやすいかもしれません。

あとは、こうした職業のインハウス化がどの程度進んでいくかですが、その点については引き続き考えていきたいと思います。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

「スキ」ありがとうございます!
95

モリジュンヤ / inquire

編集者、inquire Inc代表。NPO法人soar副代表、IDENTITY共同創業者。 noteでは、編集やライティング、メディアやビジネスなどについて書いてます。

編集的経営論

編集者が株式会社やNPO法人の経営を通じて生まれた思考のメモ。経営や組織、事業などについてまとめていきます。
4つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。