お金を払うのは投票に似てるという話

昔、購買行動で企業や社会を変えようという消費者運動「キャロットモブ」の記事を読んだことがある。『greenz.jp』の記事で、僕が編集部に入る少し前のことだった。

「資本主義」というシステムが浸透している現代の社会では、「お金をどう使うか」ということが非常に重要になる。消費者が賢くなってきてる今、お金を支払ってもらうということは、投票をしてもらっている感覚に近い。

ここ最近、『soar』で挑戦していたクラウドファンディングが無事目標金額を達成して終了した。

実に400人以上の人から、300万円を超える金額を支援していただいた。これだけのお金を”預かり”、支持をしてもらったのだから、その想いに活動で応えていかなければならないと強く感じている。

この続きをみるには

この続き: 434文字 / 画像1枚
記事を購入する

お金を払うのは投票に似てるという話

モリジュンヤ

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
「スキ」ありがとうございます!
2
編集者。ソーシャルイノベーションと持続可能性の触媒を目指して、マネジメントやプロデュースなどしてます。 inquire Inc.代表、NPO法人soar副代表、IDENTITY共同創業など、小さな経済共同体が集まる生態系づくりを実践中。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。