見出し画像

『管理しない会社がうまくいくワケ』

どんな本?

名著『自分の小さな「箱」から脱出する方法』の著者アービンジャー・インスティチュートによる新刊。よりビジネスに特化した内容となっており、会社や組織にフォーカスした内容。

一貫して、内向きの思考にならず、外向きの思考をすることで業績を上げていけるようにマインドセットを変えよう、ということが書かれている。

外向きのマインドセットとは、相手のニーズに心を向け満たす、個人の利益より全体の利益を意識する、相手の成功ためになることをするといった内容。

読んだ理由

自分の小さな「箱」から脱出する方法』の影響はかなり受けたため、その続編ということで購入。ティール組織やホラクラシーなどにも関心が強く「管理しない」というフレーズにもひかれた。

内容としては、マインドセットをいかに外向きにするかというシンプルなものだったけれど、「How」に気を取られてしまうとついつい見失いがちなので、良いタイミングで読めたと思う。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
「スキ」ありがとうございます!
6
変容の触媒として活動するinquire代表。事業や組織の変容の支援、自由に生きるための知の共有、起業家ジャーナリズムの実践などがテーマ。NPO法人soar副代表、IDENTITY共同創業者など、複数の経済生態系をつなげていくことによるソーシャルイノベーションに挑戦中。