見出し画像

書き手への影響を考慮する

政治的なメッセージや社会的な課題に言及する記事をライターに求める編集者の話をたまに耳にする。

求めるだけなら良いのだけれど、センシティブなテーマの執筆を依頼するときは書いた後の影響も考慮しないといけない。

編集者は記事に名前が出ないことがほとんどで、ライターは名前が出る。編集者はライターが思い切って書けるようにリスクヘッジをする必要がある。

編集者とライターの関係性を一時的なものにせず、継続的なものにするためには必要不可欠な配慮だ。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
「スキ」ありがとうございます!
18
編集者。人のクリエイティビティやアントレプレナーシップが発揮される、良き社会のための経済へのシフトに挑戦してます。 inquire Inc.代表、NPO法人soar副代表、IDENTITY共同創業など、小さな経済共同体が集まる生態系づくりを実践中。

こちらでもピックアップされています

現代編集論
現代編集論
  • 76本

編集の新しい可能性の探索における雑記。メディア論やコンテンツ論を中心に、広義の編集についての思索をまとめていきます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。