見出し画像

ノウハウを言語化してnoteで有料販売する価値

できてはいるけれど、どうやるかを他人に説明はできないことってたくさんあります。経験則に基づく暗黙知みたいになってる状態ですね。言語化することで形式知化することには価値があります。

noteを見ていると、言語化してくれているありがたいnoteを見かけることがよくあります。すでに実践している人がいるかもしれないけれど、まとめてもらってありがとう、という気持ちになるやつ。

以下、最近購入したnote。

そういうnoteを見かけると有料のやつを購入して、サポートまでしたい気持ちになります。

購入するときに「このクリエイターをサポートする」のチェックボックスが表示されるので、そのまま金額を入力してサポートすることの抵抗がほとんどないんですよね。

無料だとそのまま読んで終わりになってしまう可能性があるので、たとえ100円でも有料に設定しておくのが大事かもしれません。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
「スキ」ありがとうございます!
29
編集者。ソーシャルイノベーションと持続可能性の触媒を目指して、マネジメントやプロデュースなどしてます。 inquire Inc.代表、NPO法人soar副代表、IDENTITY共同創業など、小さな経済共同体が集まる生態系づくりを実践中。

こちらでもピックアップされています

現代編集論
現代編集論
  • 76本

編集の新しい可能性の探索における雑記。メディア論やコンテンツ論を中心に、広義の編集についての思索をまとめていきます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。