満月の大きさに気付けない自分

「今日は1年で1番満月が小さく見える日」

4月22日、そんな一文をインターネットのどこかで見かけた。

Twitterだったか、Facebookだったか、それともまた別のどこかだったか。

「へぇ。そうなんだ。」

満月が1年で1番小さいという情報に触れても、それくらいの気持ちしか抱かず、もちろん実際に空を見上げて確認することもなかった。

情報を見ただけで無意識のうちに知った気になっていたし、東京で人混みの中にいては空を見上げる気にもならない。

週末、東京を離れて青森に来た。東京駅から新青森駅まで、新幹線で3時間半ほどかかる。これが初めての青森ではなかったけれど、やはり移動時間は長い。

駅から車で移動しているときに「こないだ満月が1年で1番小さかったらしいよ。見た?」と聞かれて、そういえばそんな情報を見かけたなと思い出した。

この続きをみるには

この続き: 357文字

満月の大きさに気付けない自分

モリジュンヤ

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
「スキ」ありがとうございます!
2
編集者。人のクリエイティビティやアントレプレナーシップが発揮される、良き社会のための経済へのシフトに挑戦してます。 inquire Inc.代表、NPO法人soar副代表、IDENTITY共同創業など、小さな経済共同体が集まる生態系づくりを実践中。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。