見出し画像

自分の人生を切り開く起業家的なマインド

「個の時代」になった。そう言われることが増えている。

たしかに、働き方や暮らし方の自由度は以前と比べて上がっていて、選択肢は増えていると思う。

ただ、この不確実で、不安定な時代において、自分で自分の道を選んで進んでいける人がどれだけいるだろうか。

僕は起業家の人たちを取材してきて、彼らから見習うべき点が大いにあるのではないか、と考えている。

彼らは、自分の人生を自分で切り開いていく。そういうマインドセットが、多くの人に必要なのだと思う。

今の時代、答えはない。答えのない道を歩き続けなければならない。

ポスト資本主義社会具現化のための活動をしている林さんは、「人生の起業家」という言葉で表現していた。

先日、soarのこれからを考える会を実施した際に、ドミニク・チェンさんが倫理を意味するethicsの語源の一つに「獣道」があると教えてくれた。

一人ひとりが起業家となり、新たな獣道を開拓していく。踏みならされていくと、社会の新しい規範が生まれる。

であれば、狭義の意味ではなく、広義の意味としての起業家を支援していくことが、社会の思想を豊かにしていくことにつながるのではないか。最近は、そんなことを考えている。

個人が起業家的であり、思想家的であるというのが描く理想状態であり、その状態に向かうための発信を『UNLEASH』ではしていきたい。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

「スキ」ありがとうございます!
14
inquire Inc. CEO。「社会変容の媒介になる」をミッションに、コミュニケーション・デザインや事業・組織づくりのお手伝い。「思いやり」のある経済をつくりたい。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。