現代編集論

77
フリーランスは「甘い」という事実を認識した上でどう行動するか

フリーランスは「甘い」という事実を認識した上でどう行動するか

先日、こんなツイートをしました。独立して仕事をするようになってから、常に意識するようにしていることです。 今、自分は価値を蓄積しているのか、消費しているのか。これを考えておかないと、できることばかりが仕事になってしまい、少し先の仕事につながるアクションをとれなくなってしまいます。 フリーランスはなかなか他者からフィードバックを受ける機会がないので、セルフチェックが欠かせません。そうしなければ、必要がなくなったときに、そっと仕事が発注されなくなります。 ただ、お金よりも大

スキ
326
会社員とフリーランスの違いは少しずつなくなっていく

会社員とフリーランスの違いは少しずつなくなっていく

先日、ツイートしたのですが、ひさしぶりにお会いした人が新しい働き方に挑戦していました。 雇用契約を結んでいたとしても、下記のような条件が満たされていれば、会社員であってもかなり自由に働けるはず。 ・リモートワーク ・フルフレックス ・副業可 フリーランスで働くことの利点として、起きる時間を自由に選べる、出社しなくても良い、色んな仕事をできる、一社に頼りすぎない、とったものが挙げられますが、上述のような条件が会社員であっても実現するのであれば、こうした点は差別化の要因では

スキ
116
主体性ある読者と、ゆっくり関係を築くメディアに。桂大介さんと語るsoarが果たすべき役割

主体性ある読者と、ゆっくり関係を築くメディアに。桂大介さんと語るsoarが果たすべき役割

自分のSNSのタイムラインは、社会の縮図ではないんだよね 先日、友人とこんな会話をしました。 タイムライン上でよく目にする議題が、世間一般においても“ホットな話題”かというと、必ずしもそうではないということです。SNSでは興味関心の似た人たちをフォローするため、タイムラインは言わば自分が作り上げたマイワールド。にもかかわらず、それが社会のほんの一部であるという前提をときどき忘れてしまいます。 私たちのもとには日々たくさんの情報が流れてきます。 soarの記事を、必要と

スキ
61
学び方を学び、考え方を学ぶ

学び方を学び、考え方を学ぶ

「知識」ではなく、「知恵」があるか。そんなフレーズをよく耳にするようになった。一度学んだことがすぐ古くなってしまうほど、新しいことが続々と生まれている。 変化の早い時代では、学び方を学ぶことが大切になる。最近、英治出版から発売された『Learn Better』も、学習の方法に関して紹介された書籍だ。生きづらさの解消のために、学びや知恵が必要なのではと考える機会が増えていて、メディアでできることはないか、とそんなことを日々考えている。 ちょうど本日読み終えた「世界のエリート

スキ
28