暮らしを編む

10
記事

できるかどうかは置いておいて、まずやりたいかどうかを考える

「やりたいこと」について書くとニーズがあるようなので、今回もそれに関連することを書こうと思う。

これまでにも、やりたいことをどう見つけるかについてやどうそれに挑戦するかを書いてきた。

だが、どうやら大人も若者も「やりたいこと」を見つけられないという人が多いようだ。

その要因はいろいろあると思うけれど、ひとつは自分で自分の可能性を狭めてしまっていることがある。

「何をやりたいのか」「目標はな

もっとみる
「スキ」ありがとうございます!
1

どうせ失敗するなら早いほうがよくない?

「将来、◯◯をやりたいので、まずは△△で経験を積みたいと思います」という将来設計の話を聞くことがとても多い。こういった話を耳にするたびに、「なんで今やらないの?」と聞くことにしている。

スタートアップには、「Fail Fast(早く失敗しておけ)」という言葉がある。最近では、けんすうさんが新卒の人向けにnoteを書かれていたので、興味がある人はこちらをどうぞ。

「Fail Fast」は、事業や

もっとみる
「スキ」ありがとうございます!
8
「スキ」ありがとうございます!

マーケット散策

今日は、梅雨時期にしては過ごしやすい気候。取材の前に、代々木公園で開催されていたアースデイマーケットに寄ってみた。

あちこちにお店が立ち並び、自然食のお店や野菜等を販売するお店がよく目に止まる。

用意されているベンチ席では、昼ビールをしている人がいて、子どもたちは昨日の雨の名残を感じさせる水たまりで楽しそうに遊んでいた。

少し曇っているけれど、そのおかげで日差しは弱く、時折肌を撫でる風が心地

もっとみる
「スキ」ありがとうございます!
2
「スキ」ありがとうございます!
1

仕事と暮らしが融和する時代に生きるために考えていること

近頃、「はたらき方」をテーマにしたメディアが増えた。2020年、2025年のはたらき方を予見する記事も、頻繁に掲載され、シェアされる。

「はたらき方」というのは、それだけ多くの人が長年関心を寄せ続けているテーマなんだと思う。

女性の社会進出、要介護者の増加、終身雇用の崩壊など、社会は変化が激しくなっている。最近、また「はたらき方」が注目される理由は、社会の変化が激しくなったからなのだろう。

もっとみる
「スキ」ありがとうございます!
8

自分のやりたいことを見つけるためには

関西から東京に来ている学生の子と話す機会があった。彼女は、夜行バスで僕が主宰しているライティングを学び合うコミュニティ「sentence」のイベントに来てくれた。

話を聞いてみると、就職活動をしていたけれど、自分がやりたいことがわからなくなって、一旦休止中なのだという。

自分がやりたいことは何か。これを把握するのは、とても難しい作業だ。就職し、社会人になり、活躍している人でも、明確になっていな

もっとみる
「スキ」ありがとうございます!
17
「スキ」ありがとうございます!
1

お金を払うのは投票に似てるという話

昔、購買行動で企業や社会を変えようという消費者運動「キャロットモブ」の記事を読んだことがある。『greenz.jp』の記事で、僕が編集部に入る少し前のことだった。

「資本主義」というシステムが浸透している現代の社会では、「お金をどう使うか」ということが非常に重要になる。消費者が賢くなってきてる今、お金を支払ってもらうということは、投票をしてもらっている感覚に近い。

ここ最近、『soar』で挑戦

もっとみる
「スキ」ありがとうございます!
2