暮らしを編む

1
ノート

何かを始めるのに「遅すぎる」なんてことはない

僕が初めてライティングを経験したのは、大学を卒業して半年ほど経過した23歳の頃。 大学で文章を学んだわけでもなく、読書が好きだったわけでもない自...