暮らしを編む

55
仕事と生活の時間は混ぜたほうが楽しい

仕事と生活の時間は混ぜたほうが楽しい

我が家には人が集まりやすい。 一緒に仕事をしているフリーランスの人たちが平日日中に集まって作業をしたり、一緒にNPOを運営している人たちで集まって打ち合わせや作業をしたり、職種や活動領域が近い人達を呼んでの食事をしたり。 いろんなコミュニティの集いがウチで行われている。仕事の話をし、生活の話をし、たわいもない話をして過ごしている。 仕事や生活のバランスを考えなくてはならないけれど、きっと僕はこの時間に流れる空気が好きなんだろう。 近々、会社のオフィスは借りようとしてい

100
長く続く関係を築いていく

長く続く関係を築いていく

フリーランスで10年以上活動している人とランチをしていたときに、取引先の話になった。長年に渡って付き合いがあるモノづくり関連の仕事先で、先日工場の見学に行ってきたそうだ。 その方はデザイナーなので、工場の見学は仕事的にそこまで必要でもないかもしれない。だが、そのエピソードを聞いた僕は「うらやましいな」と思った。もちろん、工場に行きたかったわけじゃない。 以前、仕事と暮らしの距離が近づいていることについて書いた。2つの境界が曖昧になっていて、仕事先との関係性においても心のど

4
100